1. トップページ
  2. 既刊本
  3. 壁の文字 ポール・オースター全詩集

壁の文字 ポール・オースター全詩集
飯野友幸/訳

壁の文字 ポール・オースター全詩集/訳:飯野友幸 Amazonで「壁の文字 ポール・オースター全詩集」を購入する 楽天ブックスで「壁の文字 ポール・オースター全詩集」を購入する セブンネットショッピングで「壁の文字 ポール・オースター全詩集」を購入する 本やタウンで「壁の文字 ポール・オースター全詩集」を購入する e-honで「壁の文字 ポール・オースター全詩集」を購入する ブックサービスで「壁の文字 ポール・オースター全詩集」を購入する ビーケーワンで「壁の文字 ポール・オースター全詩集」を購入する
※お取り扱いしていない書店もあります。

現代アメリカ文学を代表する作家 P.オースター、最初で最後の全詩集

『……あの本(『空腹の技法』)のあとがきの最後に、「小説家オースターが誕生する前に書かれたこの本こそオースターの最大傑作だ、と思ってくださる読者が出てきても不思議はないと思っている」と僕は書いた。まったく同じことを、この『壁の文字』についても言いたいと思う。(柴田元幸・解説)

A5変形・上製本・英日バイリンガル・エディション・400ページ
定価:2,762円+税
発売中!
ISBN:4-9901748-4-4 C0098

作品詳細 Detail

(1)ポール・オースターの作家の原点を完全収録!
日本で多くのファンを持つ作家オースターが小説家に転向する以前に、詩人であったことは意外に知られてません。彼は18歳の頃を振り返り、こう語っています。
「おんぼろの掘っ立て小屋の壁を、私たちはいろんな詩で埋めていった。めちゃくちゃな狂詩(ドッガレル)、卑猥な五行戯詩(リメリック)、派手派手しい四行詩(クワトレーン)。無数のバドワイザーをラッパ飲みしながら私たちは笑いころげた。」(「その日暮らし」/『トゥルー・ストーリーズ』収録/新潮社刊)。
その詩は著者ならではの緊張感と警句に満ちており、若き日の言葉と格闘する姿が伺えます。言わば、作家オースターの原点とも言える言葉の数々。本書では以前に刊行された『消失』(思潮社刊)の修正・改訳も含めて、オースター自身が選んだ自作の詩の全てを収録致します。

(2)翻訳者はオースターの詩に造詣の深い飯野友幸氏!
今回の翻訳は『消失』と同じ、飯野友幸氏が担当します。現在、上智大学にて教鞭を振るう飯野氏は、かねてよりアメリカ現代詩を専攻しており、早くからオースターの詩に注目して参りました。オースターとの交友も深く、今回の翻訳に際して「飯野が翻訳するなら」と小社での刊行に快諾して頂いたほどです。

(3)バイリンガル・エディション、解説は柴田元幸氏等、オースター詩集の決定版!
オースターの詩の魅力を余すことなく伝えるため、本書は英語の原文と和訳を同時収録するバイリンガル・エディションとなります。また、アメリカでオースターの詩の研究家として名高いNorman Finkelstein氏の序文、飯野氏による注釈、柴田元幸氏の解説なども収録。表紙画は2004年秋/冬パリコレクションにてヨウジヤマモトとコラボレーションした松岡亮氏を起用し、これまでの"詩集"のイメージを取り払ったA5変形サイズの大判な装丁となっております。オースターファンならずとも、注目の一冊です!

著者紹介 Author

ポール・オースター(Paul Auster)

1947年、ニュージャージー生まれ。簡潔で詩的な文体と探偵小説や寓話などのスタイルを駆使し、不可解な現実世界を描き続けるアメリカ人作家。その作品が世界20数カ国で翻訳され、いま最も多くの読者と大きな影響力を持つ作家の一人。ニューヨーク三部作(『シティ・オブ・グラス』、『幽霊たち』、『鍵のかかった部屋』)、『ムーン・パレス』、更には全米ベストセラーを記録した"Timbuktu"、最新作"Oracle Night"など、全11の小説及び詩集、エッセイ集、映画脚本など多数の著作がある。ニューヨーク州ブルックリン在住。

翻訳者:飯野友幸(Tomoyuki Iino)

1955年、東京生まれ。上智大学英文学科教授(アメリカ文学専攻)。著書に『アメリカの現代詩——後衛詩学の系譜』(彩流社)、編著書に『ブルースに囚われて——アメリカのルーツ音楽を探る』(信山社)、訳書に『消失——ポール・オースター詩集』(思潮社)、『ジョン・アッシュベリー詩集』(大岡信と共訳・思潮社)、リロイ・ジョーンズ『ブルース・ピープル』(音楽之友社)ほかがある。東京都狛江市在住。

装画:松岡亮 (Ryo Matsuoka)

東京のアートシーンにおいて評論家、キュレーターに近づかず、インディペンデントに活動するアーティスト。創作活動の場所はさまざま。アトリエでの絵画制作をはじめ、デザイナーとのコラボレーションによるTシャツなど衣類へのペイント、リトグラフによるプリントなど、数多くのコレクションを製作、発表している。また、裏原宿のショップ、ライヴ会場、クラブ、カフェ、ビルの屋上などで、ライヴペインティングイベントを開催。これまでに『doarat』や『freaks』、『BARNEYS NEW YORK』、2004年パリコレクション秋/冬yohji yamamotoなどとコラボレーションしている。2004年10月にはパリの有名セレクトショップ『L'ECLAIREUR rue des Rosiers』からの依頼でEXHIBITONを開催。今春、自身初のDVD作品集『TOKYO PLAY PAINTING』を弊社より発売予定。
松岡亮のHP
TOKYO PLAY PAINTINGの詳細

立ち読み Read a Book

壁の文字 白い空間 白い空間 創作ノートの書き込み 創作ノートの書き込み

目次

カバーデザイン

帯デザイン

サイト購入者特典-限定ポスター(終了しました)

関連情報 Information

飯野友幸×柴田元幸トークショー -ポール・オースター全詩集出版記念-

トークショー

BOOK246 先行発売模様

制作・営業記録

TOブックス新刊一覧 New Title