1. トップページ
  2. 単行本
  3. 神奈川あるある

神奈川あるある
牧 隆文/著 JUNKO/画

神奈川あるある
オンラインストアで「神奈川あるある」を購入する Amazonで「神奈川あるある」を購入する

シュウマイ消費量も勢いもハンパない!関東NO.2は伊達じゃないとこ、見せつけちゃいますッ!!これであなたも、神奈川のト・リ・コ

横浜、川崎、鎌倉、小田原、厚木、湘南……etc。県民でなくとも誰もが知る、有名観光地を多数抱えた県それが“神奈川"である!そして同県と言えど、一括りにはできないほどの文化や習慣が混在し、1つ街をまたぐと、全く異なる文化が存在する──。
そんな変わった県、神奈川の不思議な魅力と笑いを1冊の本に凝縮しちゃいました!神奈川県民はもちろん、他県民でも読んでおいて損はないッ!?

体裁:B6判変形・並製・159ページ
定価:952円+税
発行元:TOブックス
発売中!
ISBN:978-4-86472-269-8

作品詳細 Detail

【収録予定あるある】

・藤沢とか辻堂とか言っても大体通じないが、江の島とか湘南とか言えば大体通じる
・湘南がどこまでかでモメる
・「湘南市」構想が現実になろうとしたものの住民の署名により回避した
・川崎駅のモアーズ地下とアゼリアを繋ぐ、日本一短いエスカレーターの短さにみんな驚く。正直なくていいと思う
・光化学スモッグで部活中止
・「二俣川に行く」と聞いただけでどんな用事か大体わかる
・永遠に終わらない横浜駅の工事
・有隣堂を全国チェーンだと思っている
・どれだけ他の電車が運転見合わせしても、大雄山線は大体動いている
・相模原周辺の県民は、車のナンバープレートの「相模」を「すもう」と読まれることに、いい加減あきあきしている
等々、神奈川のご当地ネタが勢ぞろい!1つ街を出れば全く違う文化の神奈川。地元民も意外に知らない、ちょっぴりマニアックな爆笑神奈川ネタのオンパレードです!

著者紹介 Author

牧 隆文(まき・たかふみ)

ライター・編集者。横浜市中区在住、大分県出身。
大学卒業後、金融専門紙記者や経済誌編集者などを経てフリーライターに。何となく独立したので特に大志も野望もなく、手がけるジャンルも裏ネタ、経済、芸能など、面白そうだったら何でもアリというスタンス。横浜に住んで二十数年になるが、休日はほとんど中区から出ない。

TOブックス新刊一覧 New Title