1. トップページ
  2. 新刊本
  3. 大阪あるある

大阪あるある
渡辺智敬/著 アカハナドラゴン/画

大阪あるある
オンラインストアで「大阪あるある」を購入する Amazonで「大阪あるある」を購入する

古き良き、昭和の香りを持つ大阪がここに凝縮!
どんなガイドブックより、ディープな大阪を知ることができる!?

明日の朝礼コメントのつかみに使えるネタが満載。“1人ノリツッコミ"ができるこの本、大阪人なら読まなきゃソン!
大阪を知っている人も知らない人も、知っているつもりの人だって新たな大阪を発見することができる1冊!

体裁:B6判変形・並製・176ページ
定価:950円+税
発行元:TOブックス
発売中!
ISBN:978-4-86472-283-4

作品詳細 Detail

【収録予定あるある】

・お好み焼きをもんじゃ焼や広島焼きと一緒にされたくない
・名古屋より交通マナーは良いと信じている
・「筋」と「通り」は違う
・南海には鉄人28号が出没する
・信号を渡るのは自己責任
・「考えときますわ」は断り
・東京発の伊勢丹より、地元の阪急
・「ボケ」と「突っ込み」で会話が成立する
・「河内」では歓迎していても怒られているみたい
・おばちゃんは確かに「アメちゃん」を持っている
・警察と暴力団の区別がつかない
等々、大阪人納得の「あるあるネタ」を多数収録!

著者紹介 Author

渡辺智敬(わたなべ・ともひろ)

1959年生まれ。京都市出身。母方が大阪の出身で、親戚が多数大阪に在住。物心がつく前から、年に何度も大阪を訪れていた。自身も大学卒業後、4年間大阪の店舗(摂津・河内)にて店員を務める。27歳で関東に移り住む。関西において蓄積したノウハウがほとんど通用せず、文化・風習の違いに愕然とする。現在は横浜在住のフリーライター。テレビ・映画で方言指導(京都弁・大阪弁など)の実績を持つ。マンガの原作も手掛ける。

TOブックス新刊一覧 New Title