1. トップページ
  2. 新刊本
  3. 新潟あるある

新潟あるある
佐藤勇馬/著  田巻玲未/画

新潟あるある
オンラインストアで「新潟あるある」を購入する Amazonで「新潟あるある」を購入する

笑える!感心!共感!
珠玉の「あるある」読んでくんなせや

新潟人が全力でうなずく!なまらおもしれーネタを大量収録!雪と米と酒だけじゃない!全240本の面白ネタを詰め込んだ県民納得のあるある決定版!ガタっ子なら読まんばね!
新潟の風習からグルメ、街ネタ、スポーツ、有名人、方言などなど、新潟の魅力が再発見できるご当地ネタが狂い咲き!生粋の新潟人なら絶対に楽しめる「あるある」の波状攻撃!
新潟に転勤して話題に困っているビジネスマン、新潟に転校して会話がかみ合わない学生さん、とにかく新潟に興味ある人はみんな必携の一冊!

体裁:B6判変形・160ページ
定価:950円+税
発行元:TOブックス
発売中!
ISBN:978-486472-272-8

作品詳細 Detail

【収録予定あるある】

・「ラフォーレ原宿・新潟」のネーミングは無理があると思っている
・「平成の大合併」によって新潟市がどこまで市内か把握できていない
・他県民に「東北地方」と言われると全力で否定する

著者紹介 Author

佐藤勇馬(さとう・ゆうま)

1978年生まれ。新潟県上越市出身のフリーライター。少年期を安塚地区で過ごす。
現在は雑誌やニュースサイトで芸能、サブカル、インターネット問題など幅広いジャンルで記事を執筆。携帯電話、マンガ、プロレス、宗教問題などにも詳しい。著書に「ケータイ廃人」(データハウス)。

TOブックス新刊一覧 New Title