1. トップページ
  2. 新刊本
  3. アルビレックス新潟あるある

アルビレックス新潟あるある
浅井健一郎/著  山里將樹/画

アルビレックス新潟あるある
オンラインストアで「アルビレックス新潟あるある」を購入する Amazonで「アルビレックス新潟あるある」を購入する

タイトルも降格もないクラブにどうしてそんなにハマるのか?はい、この本が答えです。
もう「地味」なんて言わせない!サポーターの想いを乗せて白鳥は今日も舞う!

「サッカー不毛の地で起きた奇跡」とまでいわれるアルビレックスの半生。サポーター達は、ときに歓喜に震え、ときには絶望に打ちひしがれた。赤ちゃんからお年寄りまで魅了する、アルビレックスの魅力をここに凝縮。優勝本命と言われれば腰を抜かし、降格候補と言われれば黙ってうなずく、謙虚なサポーターに捧げる!

体裁:B6判変形・160ページ
定価:1,000円+税
発行元:TOブックス
発売中!
ISBN:978-486472-273-5

作品詳細 Detail

【収録予定あるある】

・地味だけれどすごい記録。11年連続J1残留
・2012年は1試合で2点以上取れないと諦めていた
・サポーターはみんな使っている「潟る(がたる)」

著者紹介 Author

浅井健一郎(あさい・けんいちろう)

スポーツライターを目指して脱サラ。現在は塾講師のアルバイトをしながら、Jリーグのレビュー・プレビュー、ワールドカップ出場国の選手紹介文などを執筆している。目標は同じ1987年5月18日生まれの岡本英也よりも、先に結婚すること。

TOブックス新刊一覧 New Title