1. トップページ
  2. 新刊本
  3. 徳島あるある

徳島あるある
山口敏太郎/著 室木おすし/画

徳島あるある
オンラインストアで「徳島あるある」を購入する Amazonで「徳島あるある」を購入する

徳島県民必読! 徳島のあるあるネタを一挙公開!

阿波踊り期間は、人格が豹変!?  阿波っ子納得のあるあるネタ240連発!! 「やっぱり、徳島が1番!徳島はええとこでよ!」今、胸をはって言いたい。愛すべき県民性とその魅力を再発見!

体裁:単行本・ソフトカバー
定価:1,200円+税
発行元:TOブックス
2015年8月20日発売
ISBN:978-486472-416-6

作品詳細 Detail

【収録あるある(一部)】

・「けん」を禁止すると、しゃべれない!?
・トレンドリーダーは「あわわ」で決まり!
・邪馬台国は…阿波だった!?
・カボスとすだちを一緒にされたくないっ!!
・鳴門市民は、徳島市民に軽いライバル心を持っている。
・阿波弁の謎の言葉「さらぴん」とは?
・金長まんじゅうを、外皮を先に食べて中の餡をあとで食べたりした。
……などなど、40代・50代必見の懐かしネタも満載!

著者紹介 Author

山口敏太郎

作家・漫画原作者・(株)山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。不思議分野では学者に代表される科学絶対主義者、作家・ライターに多い盲信者と比較すると、どちらでもない中間派と呼ばれるスタンスが特徴。テレビ東京「おはスタ」、朝日放送「探偵!ナイトスクープ」、TBS「有吉AKB共和国」、TOKYO MX「五時に夢中」、テレビ朝日「ビートたけしの禁断のスクープ大暴露!!超常現象マル秘Xファイル」等に出演。「怪談・呪い家族」「恐怖呪い姫~実話狂気怪談」「恐怖・呪い面~実話都市伝説」(全てTOブックス刊)など著書多数。

室木おすし

1979年、神奈川県生まれ。2004年からフリーのイラストレーターとなる。雑誌・書籍・WEB・広告などの各種メディアで、イラスト・漫画・GIFアニメ…と幅広く活動するほか、近年ではコラムなどを自ら手がけるライターとしても活躍。今年からは、WEBサイト『オモコロ』等々で、『妄想パチンコ研究所』をはじめとした連載がスタートするなど、さらに活動の場を広げている。子どものおやつとしておなじみの『ギンビス たべっ子どうぶつ』を盲牌で言い当てるという特技をもつ。『読売ジャイアンツあるある』(TOブックス刊)のイラストを手掛けている。

TOブックス新刊一覧 New Title