1. トップページ
  2. 新刊本
  3. 宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と二人の眷属

宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と二人の眷属
鈴木麻純/著 双葉はづき/イラスト

宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と二人の眷属
オンラインストアで「宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と二人の眷属」を購入する Amazonで「宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と二人の眷属」を購入する

お前となら生きてもいい。貧乏吸血鬼とお人好し男子高生の前に現れたのは、元・連続殺人鬼(切り裂きジャック)!? 累計40万部「蛟堂報復録」著者による"絆"の物語・第2弾!

人外の力を持て余す男子高生・玲は、主人の貧乏吸血鬼・エイドリアンに振り回される毎日。ある夜、クールな美青年・七史が現れる。玲と同じ半吸血鬼にして元殺人鬼の彼曰く、主が死ねば半吸血鬼は人間に戻れるらしい!? 玲が予想外の真実に困惑する中、自身の正体が親友の祥悟にばれてしまう! おまけに、エイドリアンが病魔に倒れてしまい……。交錯する、それぞれの想い。人と吸血鬼の種族を超えた絆が問われる現代奇譚! 【文庫書き下ろし】

体裁:文庫版
定価:700円+税
発行元:TOブックス
2016年2月1日発売
ISBN:978-486472-461-6

著者紹介 Author

鈴木麻純

1985年、静岡県生まれ。2007年にwebサイト「Nosferatu」を開設。創作小説を書き始める。『蛟堂報復録』でアルファポリスミステリー小説大賞を受賞。9巻まで続く同シリーズの他に『六道の使者 閻魔王宮第三冥官・小野篁』、『ラスト・メメント』シリーズがある。他の著書に、『僕とカミサマの境界線』(幻冬舎)、『重犯罪予測対策室』(幻冬舎文庫)、『ペットショップ夢幻楼の事件帳 思い出はいつもとなりに』(角川文庫)がある。

TOブックス新刊一覧 New Title