1. トップページ
  2. 新刊本
  3. 川崎フロンターレあるある2

川崎フロンターレあるある2
いしかわごう/著 高江りゅう/画

川崎フロンターレあるある2
オンラインストアで「川崎フロンターレあるある2」を購入する Amazonで「川崎フロンターレあるある2」を購入する

祝20周年! さらに愛されるクラブへ爆走中――フロンターレの進化は止まらない! 今回もスペシャル座談会収録。井川祐輔・小宮山尊信・田坂祐介が登場! さらにスペシャルインタビューも! レジェンドOB佐原秀樹・寺田周平がクラブの20年を振り返る!

等々力競技場の改装、新クラブハウス完成と、ビッグクラブへの道筋は整った。 今年こそ悲願のJ1初優勝を! 今回も選手、監督、OBはもちろん、スタッフやマスコットも登場。納得の大ネタから、サポ心をくすぐるマニアックネタまで、フロンターレのすべてをカバー。さらには「等々力劇場」を盛り上げる縁の下の力持ち、プロモーション部列伝も収録! フロンターレの20年を1冊に凝縮! 待望のシリーズ第2弾!

体裁:単行本・ソフトカバー
定価:1,100円+税
発行元:TOブックス
2016年4月1日発売
ISBN:978-486472-471-5

著者紹介 Author

いしかわごう

北海道根室市生まれ。大学卒業後、スカパー! の番組スタッフを経て、2007年からサッカー専門新聞「EL GOLAZO」の担当記者として6シーズン活動。現在はフリーランスとして川崎フロンターレを取材。著書に『将棋でサッカーが面白くなる本』(朝日新聞出版)。『川崎フロンターレあるある』、『将棋ファンあるある』(TOブックス)。『サッカー脳を育む』(中村憲剛/ぴあ)では企画&構成も担当。クラブ応援番組「ファイト! 川崎フロンターレ」(TVK)の出演、企画構成経験もある。プロ棋士と親交があり、将棋の腕はアマチュア三段(日本将棋連盟三段免状所有)。2015年からはNHK将棋トーナメントの観戦記者としても活動を開始している。

高江りゅう

漫画雑誌の奨励賞を受賞。現在はネットを拠点にイラストや漫画などで活動中。

TOブックス新刊一覧 New Title